Zabbix 5.0 インストール手順(CentOS8 / Apache2.4 / PHP7.2 / MySQL8.0)

はじめに

2020年5月12日、Zabbix 5.0 LTSがリリースされました。久々のメジャーバージョンアップということで、各機能の大幅な変更や追加が行われています。以下公式サイトに情報がまとめられています。

Zabbix 5.0LTSの新機能

今回は、ミドルウェア構成としてApache + PHP + MySQLでZabbix Server 5.0およびZabbix Agent2 5.0のインストールを検証してみました。OSはCentOS 8を使用しています。RHEL 8でも同様の設定で問題ないかと思います。

なお、今回のバージョンから動作要件としてPHPが7.2以上となっています。RHEL 7およびCentOS7向けのパッケージも引き続き提供されるものの、同OS標準のPHPは5.6のため、remiなど外部のリポジトリからPHP7系をインストールする必要があります。製品のライフサイクルを考えると、今から新たに導入するシステムにはCentOS 8またはRHEL 8を導入すべきでしょう。

前提条件

以下の前提条件で検証しています。

  • ハードウェア: VirtualBox上の仮想マシン
  • OS: CentOS 8.1
  • ミドルウェア:
    • Apache: 2.4.37 (OS同梱版)
    • PHP: 7.2.11 (OS同梱版)
    • MySQL: 8.0.17 (OS同梱版)
  • Zabbix Server: 5.0.0
  • Zabbix Agent 2: 5.0.0
  • 構築対象サーバはインターネットと疎通が取れること
  • 各手順はroot権限を持つユーザで実施

OSは、CentOSインストールDVDのISOファイルから「最小限のインストール」を選択しインストールを行いました。
バージョン情報は以下の通りです。

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)

# uname -r
4.18.0-147.el8.x86_64

パッケージインストール

Zabbixの動作に必要となる各種パッケージをインストールします。
基本方針として、OS同梱版ソフトウェアは、dfnのmodule機能を使用して最新バージョンをインストールします。
その後、Zabbixの公式リポジトリからZabbix関連パッケージおよび依存パッケージをインストールします。

Apache

以下のコマンドを実行し、Apacheおよび関連ソフトウェアをインストールします。

# dnf -y module install httpd

PHP

以下のコマンドを実行し、PHPをインストールします。

# dnf -y module install php

MySQL

以下のコマンドを実行し、MySQLをインストールします。

# dnf -y module install mysql

Zabbix Server

Zabbixのリリース状況によっては、新しいバージョンのパッケージが公開される可能性があります。以下の公式リポジトリで、「zabbix-release-5.0-x.el8.noarch.rpm」のバージョンを確認して、新しいバージョンが公開されている場合は、インストール対象パッケージのURLを適宜変更してください。
https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/

以下のコマンドを実行し、Zabbix 5.0の公式リポジトリをインストールします。

# dnf -y install https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm

以下のコマンドを実行し、Zabbix Serverの関連パッケージをインストールします。

# dnf -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-japanese zabbix-apache-conf

Zabbix Agent 2

以下のコマンドを実行し、Zabbix Agent 2をインストールします。

# dnf -y install zabbix-agent2

設定ファイルの変更

PHP

CentOS 8では、ApacheのPHP実行環境がモジュール(mod_php)からFastCGIサーバ(PHP-FPM)に変更されました。そのため、ApacheではなくPHP-FPMの設定を変更する必要があります。
viなどのテキストエディタで、PHP-FPMのZabbix用設定ファイルを開きます。

# vi /etc/php-fpm.d/zabbix.conf

設定変更内容は以下の通りです。
最低限の設定として、PHPのタイムゾーンを変更します。

# タイムゾーン行のコメントアウトを外し、Asia/Tokyoに変更
; php_value[date.timezone] = Europe/Riga
↓
php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo

Zabbix Server

viなどのテキストエディタで、Zabbix Serverの設定ファイルを開きます。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

設定変更内容は以下の通りです。
最低限の設定として、DBサーバへの接続情報が必要となります。

### DB関連の設定 ###

# DBユーザ名
# 今回はデフォルトのzabbixを使用するので変更しない

DBUser=zabbix


# DBパスワード
# 項目のコメントアウトを外し、クオートやスペースを含めずに指定する
# 今回は、例としてパスワードをzabbixpassに指定

# DBPassword=
↓
DBPassword=zabbixpass

Zabbix Agent2

viなどのテキストエディタで、Zabbix Agent 2の設定ファイルを開きます。

# vi /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf

設定変更内容は以下の通りです。
監視を受け付けるサーバに関する設定を行います。

# 監視通信を許可するサーバIPアドレス
# Zabbixサーバ自身を監視する場合は値を変更しない
# 別サーバへエージェントをインストールする場合は、ZabbixサーバのIPアドレスを指定する

Server=127.0.0.1


# アクティブチェック監視データの送信先サーバIPアドレス
# Zabbixサーバ自身を監視する場合は値を変更しない
# 別サーバへエージェントをインストールする場合は、ZabbixサーバのIPアドレスを指定する

ServerActive=127.0.0.1


# 自ホストのホスト名
# OS上のホスト名ではなく、Zabbix監視設定上のホスト名なので注意
# 以下の例では、サーバ実機設定および監視設定であるzbx01をホスト名に指定している

Hostname=Zabbix server
↓
Hostname=zbx01

DBの設定

DBの設定を行うため、以下のコマンドを実行しMySQLの自動起動設定と、サービスの起動を行います。

# systemctl enable mysqld
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mysqld.service → /usr/lib/systemd/system/mysqld.service.

# systemctl start mysqld

以下のコマンドを実行し、MySQLの初期設定を行います。
なお、MySQL 8.0ではパスワードポリシーの指定があります。Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG:の箇所で、以下のポリシーを選択できます。

  • 0: 8文字以上
  • 1: 8文字以上、英数大文字、小文字、記号を全て含む。
  • 2: 8文字以上、英数大文字、小文字、記号、辞書ファイルの指定文字列を全て含む。

設定例中のDBユーザrootのパスワードは、パスワードポリシーを0(LOW)、パスワード文字列に「zabbixpass」を指定しています。

# mysql_secure_installation
(略)
VALIDATE PASSWORD COMPONENT can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD component?

Press y|Y for Yes, any other key for No: y ←yを入力
(略)
Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG: 0 ←0を入力
(略)
New password: ←DBユーザrootのパスワードを入力

Re-enter new password: ←再度DBユーザrootのパスワードを入力
(略)
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) : y ←yを入力
(略)
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y ←yを入力
(略)
Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y ←yを入力
(略)
Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y ←yを入力
(略)
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y ←yを入力
Success.

All done! 

以下のコマンドを実行し、Zabbix用のデータベースとDBユーザを作成します。
設定例中の<パスワード>は、Zabbix Serverの設定ファイルに合わせてDBユーザzabbixのパスワード文字列を「zabbixpass」を指定します。

# mysql -u root -p
Enter password:  ←DBユーザrootのパスワードを入力
(略)
mysql> CREATE DATABASE zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
Query OK, 1 row affected (0.06 sec)

mysql> CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY '<パスワード>';
Query OK, 0 rows affected (0.07 sec)

mysql> GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
Query OK, 0 rows affected (0.10 sec)

mysql> quit;
Bye

以下のコマンドを実行し、Zabbix用のDBスキーマと初期データをデータベースに読み込みます。
サーバのスペックによっては、この処理には数分かかる場合があります。

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
Enter password:  ←DBユーザzabbixのパスワードを入力

なお、今回Zabbix 4.4と同様のデータベース設定をしたところ、エラーが発生しました。そのため、文字コードはutf8を使用しています。詳細は、参考情報の「DBスキーマインポート時のエラーについて」を参照してください。

SELinuxの設定

OSのSELinux設定が有効である場合、Zabbix Serverの動作が阻害されてしまいます。
以下のコマンドを実行し、SELinuxの設定を無効化し、OSを再起動します。

# sed -i -e "s/^SELINUX=enforcing$/SELINUX=disabled/g" /etc/selinux/config 
# systemctl reboot

以下のコマンドを実行し、SELinuxが無効化(Disabled)されていることを確認します。

# getenforce 
Disabled

ファイアウォールの設定

Firewalldを使用する場合、外部からの通信を許可します。許可対象の通信は以下の通りです。

  • 10050/tcp : Zabbix Server → Zabbix Agentのパッシブ監視通信(Zbbixサーバ自身は不要、監視対象サーバでは必要)
  • 10051/tcp : Zabbix Agent → Serverのアクティブ監視通信(Zabbixサーバのみ必要)
  • http : クライアント → Zabbix WebUIのHTTP通信(Zabbixサーバのみ必要)

通信許可設定を行うには以下のコマンドを実行します。

# firewall-cmd --add-port=10051/tcp --zone=public --permanent
success
# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
success
# firewall-cmd --reload
success

Zabbix WebUIのSSL化(https)や、SNMP Trapの受信(162/udp)など、Zabbixサーバに対する上記以外のインバウンド通信要件がある場合は、適宜firewalldの設定を追加してください。

サービス起動

Apache

以下のコマンドを実行し、Apacheの自動起動設定とサービス起動を行います。

# systemctl enable httpd
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service → /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

# systemctl start httpd

PHP-FPM

以下のコマンドを実行し、PHP-FPMの自動起動設定とサービス起動を行います。

# systemctl enable php-fpm
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/php-fpm.service → /usr/lib/systemd/system/php-fpm.service.

# systemctl start php-fpm

Zabbix Server

以下のコマンドを実行し、Zabbix Serverの自動起動設定とサービス起動を行います。

# systemctl enable zabbix-server
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-server.service → /usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service.

# systemctl start zabbix-server

Zabbix Agent2

以下のコマンドを実行し、Zabbix Agent2の自動起動設定とサービス起動を行います。

# systemctl enable zabbix-agent2
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/zabbix-agent2.service → /usr/lib/systemd/system/zabbix-agent2.service.

# systemctl start zabbix-agent2

WebUIの設定

初期設定ウィザード

WebUIの初期設定を行うため、作業端末のWebブラウザを起動して以下のURLにアクセスします。

http://<ZabbixサーバIPアドレス>/zabbix/

「Next step」を押下します。

全ての項目が「OK」になっていることを確認して、「Next step」を押下します。

「Password」の箇所に、DBユーザzabbixのパスワードを入力し、「Next step」を押下します。

今回は、WebUIを動作させるPHP-FPMとZabbix Serverが1台のサーバに相乗りしているので、WebUIの接続先Zabbix Server設定の変更は特に不要です。「Next step」を押下します。

「Next step」を押下します。

「Finish」を押下します。

設定が完了すると、ログイン画面に遷移します。
初期ユーザ名「Admin」、初期パスワード「zabbix」を入力し、「Sign in」を押下します。

ダッシュボードが表示されることを確認し、WebUIの初期設定は完了です。

WebUIの日本語化

初期状態では英語表記なので、日本語化を行います。
ダッシュボード左ペインの下部にある「User settings」を押下します。

「Language」の項目を「Japanese (ja_JP)」に指定し、「Update」を押下します。

ダッシュボードへ画面遷移するので、日本語表示に切り替わっていることを確認します。

参考情報

DBスキーマインポート時のエラーについて

DBスキーマのインポート時、以下のエラーに遭遇しました。

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
Enter password: 
ERROR 1071 (42000) at line 348: Specified key was too long; max key length is 3072 bytes

エラーメッセージから、キーに指定されたカラムのサイズが上限の3072バイトを超過しているようです。
今回、Zabbix 4.4までと同様に、データベースの文字コードをutf8mb4にしていたので、この部分を疑いました。

mysql> CREATE DATABASE zabbix character set utf8mb4 collate utf8mb4_ja_0900_as_cs;

文字コードをutf8に指定してデータベースを作り直してみたところ、今度はエラーは発生しませんでした。

mysql> CREATE DATABASE zabbix character set utf8 collate utf8_bin;

1文字4バイトのutf8mb4は絵文字などより多彩な文字を扱える一方、1文字3バイトのutf8よりもサイズが大きいです。今回キーとなるカラムのサイズでエラーが発生したため、Zabbix 5.0では、utf8を前提としたテーブル設計なのかもしれません。

Zabbixインストール時の依存パッケージについて

CentOS 8の標準パッケージ管理機能であるDNFのmodule機能を使用して、以下のミドルウェアをインストールした後、Zabbixの主要パッケージをインストールするときに要求される依存関係パッケージ一覧を採取しました。

  • Apache(apache)
  • PHP(php)
  • MySQL(mysql)

オフライン環境でZabbixをインストールする場合、上記moduleと併せて以下のパッケージファイルを用意しておく必要があります。
zabbixリポジトリのパッケージは、インターネット上から直接ダウンロードしてサーバに転送しておきます。BaseOSAppStreamリポジトリのパッケージは、インストールイメージのISOファイルをマウントしてyumリポジトリに登録することでインストールができます。

# dnf install zabbix-server-mysql zabbix-web-japanese zabbix-apache-conf
(略)
====================================================================================
 パッケージ           Arch   バージョン                            Repo       サイズ
====================================================================================
インストール:
 zabbix-apache-conf   noarch 5.0.0-1.el8                           zabbix      16 k
 zabbix-server-mysql  x86_64 5.0.0-1.el8                           zabbix     2.6 M
 zabbix-web-japanese  noarch 5.0.0-1.el8                           zabbix      16 k
依存関係のインストール:
 gd                   x86_64 2.2.5-6.el8                           AppStream  144 k
 google-noto-cjk-fonts-common
                      noarch 20190416-1.el8                        AppStream   20 k
 google-noto-sans-cjk-ttc-fonts
                      noarch 20190416-1.el8                        AppStream   85 M
 jbigkit-libs         x86_64 2.1-14.el8                            AppStream   55 k
 libX11               x86_64 1.6.7-1.el8                           AppStream  612 k
 libX11-common        noarch 1.6.7-1.el8                           AppStream  157 k
 libXau               x86_64 1.0.8-13.el8                          AppStream   36 k
 libXpm               x86_64 3.5.12-7.el8                          AppStream   58 k
 libjpeg-turbo        x86_64 1.5.3-10.el8                          AppStream  156 k
 libtiff              x86_64 4.0.9-15.el8                          AppStream  188 k
 libwebp              x86_64 1.0.0-1.el8                           AppStream  273 k
 libxcb               x86_64 1.13-5.el8                            AppStream  230 k
 mysql-libs           x86_64 8.0.17-3.module_el8.0.0+181+899d6349  AppStream  1.2 M
 php-bcmath           x86_64 7.2.11-2.module_el8.1.0+209+03b9a8ff  AppStream   79 k
 php-gd               x86_64 7.2.11-2.module_el8.1.0+209+03b9a8ff  AppStream   84 k
 php-ldap             x86_64 7.2.11-2.module_el8.1.0+209+03b9a8ff  AppStream   79 k
 php-mysqlnd          x86_64 7.2.11-2.module_el8.1.0+209+03b9a8ff  AppStream  190 k
 php-pdo              x86_64 7.2.11-2.module_el8.1.0+209+03b9a8ff  AppStream  122 k
 unixODBC             x86_64 2.3.7-1.el8                           AppStream  458 k
 OpenIPMI-libs        x86_64 2.0.25-4.el8                          BaseOS     506 k
 dejavu-fonts-common  noarch 2.35-6.el8                            BaseOS      74 k
 dejavu-sans-fonts    noarch 2.35-6.el8                            BaseOS     1.5 M
 fontconfig           x86_64 2.13.1-3.el8                          BaseOS     275 k
 fontpackages-filesystem
                      noarch 1.44-22.el8                           BaseOS      16 k
 libtool-ltdl         x86_64 2.4.6-25.el8                          BaseOS      58 k
 net-snmp-libs        x86_64 1:5.8-12.el8_1.1                      BaseOS     822 k
 zabbix-web           noarch 5.0.0-1.el8                           zabbix     3.0 M
 zabbix-web-mysql     noarch 5.0.0-1.el8                           zabbix      15 k
 fping                x86_64 3.16-1.el8                            zabbix-non-supported
                                                                               51 k

トランザクションの概要
====================================================================================
インストール  32 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 98 M
インストール済みのサイズ: 183 M                                    
(略)

Zabbix Agent 2は単体でインストールでき、その他依存関係にあるパッケージはありませんでした。

# dnf install zabbix-agent2
(略)
====================================================================================
 パッケージ             Arch            バージョン            リポジトリー    サイズ
====================================================================================
インストール:
 zabbix-agent2          x86_64          5.0.0-1.el8           zabbix          4.1 M

トランザクションの概要
====================================================================================
インストール  1 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 4.1 M
インストール済みのサイズ: 13 M
(略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です